お急ぎの方はこちら

水のコラム

浴槽の塗装で考えられるメリットとデメリットとは?


「まだ浴槽を交換するほどではないけれど、色褪せや表面ひび割れが気になる…コスパ良くリフォームできないだろうか? 」とお悩みではないでしょうか。

浴槽をリフォームしなくても、塗装という方法で見た目を新しくすることができます。
今回は、浴槽を塗装する際のメリットやデメリットについて紹介していきます。

浴槽塗装のメリット

浴槽塗装のいいところは「持ち」がいいところです。
一旦塗装をすれば、10年は見た目をキープできるでしょう。

加えて浴槽交換するのとは違い大掛かりな工事もないので、早くて塗装工事から三日目の夜には利用可能です。

以下詳しく4つのメリットをあげていきますので、チェックしてみてください。

浴槽交換に比べて格段に安い
浴槽の塗装は交換に比べておおよそ1/2から1/5の費用で賄えます。
以下、それぞれの費用相場になります。

・浴槽交換:約50~100万円台
・浴槽塗装:約10~20万円台

なぜこのようなコストの違いが生まれるのかと言うと、以下の理由があるからです。

・材料費の相違:浴槽交換では浴槽本体の費用が必要
・人件費の相違:浴槽交換では複数の職人が必要、それだけ費用もかかる
・工事費用の相違:壁面の解体や再構築、旧浴槽の解体処理費用など工事工程の多さが異なる

新品と同等レベルの綺麗さ
浴槽表面を新しく塗り直すので、古い浴槽も新品の浴槽と同じくキレイになります。
場合によっては新品のときよりも美しく見えることもあるでしょう。塗装だと知っていても、 実際に目にしてみると新品と見間違えるほどです。

浴槽の塗装は「清潔感が気になる」という方にとって、メリットは大きいといえます。

浴槽交換工事が難しい場合でもリフォーム可
「リフォームしたい」と思っていても、浴槽の交換が難しいケースもあります。
そうした場合には、浴槽塗装で見た目を一新しましょう。

浴室の交換が難しいのは、たとえば次のようなケースです。

・柱との関連で、浴槽交換工事が難しい
・お風呂場が外に面していて、壁面を取り壊して作り直す必要がある

とくに、注文住宅やマンションなどで浴槽の移動が難しい場合に適しています。

浴槽交換に比べて工事日数が少ない
一般的に、浴槽を塗装するだけなら浴槽の交換よりも工期が短く済みます。
浴槽交換の場合は3~5日がかかるのに対し、浴槽塗装は1日半から3日程度が目安です。

なかには「浴槽交換も3日で仕上げる」といった工事業者もいますが、大まかに上記の日数がかかるでしょう。なるべく工事に時間をかけたくないときには、浴槽塗装をおすすめします。

不動産を売却した際など、物件の引き渡し日が迫っているタイミングに便利です。

浴槽塗装のデメリット

ここまで浴槽塗装のメリットについて紹介してきました。

それでは浴槽塗装のデメリットはないのでしょうか。以下、考えられるデメリットをいくつか挙げていきます。

浴槽本体の機能については現状のまま
浴槽交換するわけではなく、古い浴槽を新品と同じように綺麗にしていく塗装なので、追い焚きや保温など浴槽本体の機能をグレードアップさせることはできません。

実施できる業者は少ない
浴槽塗装は耐久性を保つため塗膜を厚めに塗る必要があります。
しかし、技術が足りないと塗料がたれ落ちる、はみ出す、ムラが出るなどのリスクがあります 。

確実なテクニックを持っていないと 施工が難しいので、実施できる業者はあまり多くありません。

使用洗剤によっては変色の恐れがある
カビを取る薬剤などをつけたまま長時間放置してしまうと塗膜が変色してしまうことがあります。 とはいえ、たとえ変色したとしても耐久性が落ちることはありません。

一週間以上の長時間付けた状態を 続けると起こってしまう事態なので、普段の掃除レベル(薬剤を使わない)であれば問題ないでしょう。薬剤をつけたまま放置すると変色するというのは、材質によっては浴槽塗装を行っていなくてもあり得ることです。

浴槽塗装を依頼するときの注意点
浴槽塗装を依頼するときの注意点として、まず ホーロー製の素材は避けることがあります。

ホーロー製の浴槽ではその塗装によって追い焚きができなくなります。 その点は専門業者と話し合ってすすめましょう。

また、 工事にかかる費用や性能を考慮して検討すると「新品の浴槽に交換した方がいい」ということになる可能性もあります。浴槽の古さやリフォーム範囲など、幅広い見方で見積もりを取ってみてから検討しましょう

もう1点、浴槽塗装と浴槽コーティングは違うものであることを理解しておきましょう。
表面的な傷や経年劣化がある浴槽を蘇らせるのが浴槽塗装であり、新品を取り付けた後、汚れやカビから浴槽を守るために行うのがコーティングです。

浴槽塗装の費用相場

浴槽塗装の費用相場は、浴槽の大きさや材料、損傷レベルによりかかる費用は違いますが、大体8万円から10万円、高くとも20万円でできることが多いようです。一見、この価格は高いと感じられるかもしれません。しかし、浴槽塗装はその分高度な技を必要とする作業です。

先の項目でも触れましたが、浴槽塗装は浴槽交換に比べてかなり安くなります。浴槽塗装が最高で20万円のところ、浴槽交換だと最低50万円はかかると見込んでおいた方がいいでしょう。

浴槽塗装はDIYよりも業者がおすすめ

塗装と言うと「DIYは得意だから自分でできるのでは」と思う人もいるかもしれません。
しかし、 DIY で浴槽を塗装するのは極力避けた方が良いでしょう。不具合が起こるリスクを高めてしまいます。

浴槽を美しく塗装する浴槽に合った塗料を選び、塗料を定着させるための知識とテクニックが重要です。自分でやってみた結果「塗りムラが出て見た目が汚い」「塗り忘れた部分があった」などの失敗につながることもあるため、初めから技術を持ったプロにまかせた方がよいでしょう。

まとめ

浴槽塗装は馴染みがない人も多く、イメージを掴みづらい部分があったかもしれません。
浴槽を塗装すれば、汚れやひび割れなどが目立たなくなり、見た目を美しく整えることができます。

浴槽塗装を検討する際は記事の内容を参考にし、専門業者の手を借りてキレイに仕上げてもらいましょう。

水漏れ・修理に関するお問い合わせはこちら
«

関連コラム

台所
トイレ
お風呂
キッチン
洗面所
いますぐお電話 0120-492-315 年中無休 24時間受付 お見積り無料