お急ぎの方はこちら

水のコラム

お風呂の汚れの種類とは?DIYクリーリング法も紹介

お風呂場といえば、家の中でも、特に頑固な汚れに悩まされやすい場所です。
「きれいに掃除しているつもりなのに…気付いたらなんとなく汚れている気がする…」なんてお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか? 

今回は、お風呂場で多く見られる汚れの原因と、それぞれのおすすめ対処法を紹介します。浴室クリーニングのプロを呼ばなくても大丈夫。
DIYでできるクリーニング法をチェックしてみましょう。

お風呂場で多い汚れ3つ

DIY作業できれいなお風呂場を取り戻すためには、まず、「お風呂場の汚れ」について正しい知識を身に付けることが大切です。
「頑固な汚れが多い」というイメージも強い浴室ですが、汚れの種類は主に以下の3つです。

・水垢汚れ
・皮脂汚れ
・カビ汚れ

お風呂場で欠かせないのが、水やお湯です。
水の中にはミネラル分が含まれていて、浴室内に水滴が付着すると、水が蒸発してミネラル分のみが残ります。
このミネラル分が堆積してできるのが水垢汚れというわけです。
まるで石のように固い水垢汚れは、スポンジで軽くこすったくらいでは落としきれません。汚れの性質を頭に入れた上で、適切にアプローチする必要があります。

皮脂汚れは、人が浴室を使うことで生まれる汚れです。
人の油や汚れが付着し、知らない内に蓄積してしまいます。
浴室全体が、なんとなくモヤッとしていたり、嫌な臭いが漂っていたりする場合、こちらの汚れが原因です。

また、皮脂汚れと十分な湿度を元に繁殖するのがカビ汚れです。
特に黒カビ汚れは根が深く、きれいにするのが難しい汚れとして知られています。

これら3つの汚れは、それぞれに合った対処法を実践することが大切です。
自宅で悩まされている汚れの原因を特定できたら、次項目から解説する汚れ別DIY対処法を実践してみてください。

水垢汚れの対処法

水垢汚れが気になりやすい場所は、以下のとおりです。

・水栓
・鏡
・浴室の壁
・浴槽

水栓や鏡は、白くうろこ状の汚れが目立ちやすいもの。
全体が曇っている場合は、酸性洗剤で対処しましょう。
もっとも使いやすいのはクエン酸水で、汚れが気になる部位にスプレーしたら、時間をおいて洗い流せばOKです。

汚れが頑固なときには、歯ブラシや浴槽用スポンジなどを使ってこすり洗いをしてみましょう。
鏡や水栓と比較すると、壁や浴槽は汚れが目立ちにくいですが、触ってみてザラザラしたら要注意です。

同じくクエン酸水スプレーを塗布して、水垢汚れを溶かしていきましょう。
広い面にクエン酸水を塗布する場合には、キッチンペーパーを使ってパックするのがおすすめです。

皮脂汚れの対処法

皮脂汚れが気になりやすいのは、以下のような場所です。

・浴室の壁
・床
・浴槽

人の肌が触れたり、汚れが直接付着したりする場所に注意しましょう。
皮脂汚れに対して、高い効果を発揮してくれるのはアルカリ性の洗剤です。

重曹やセスキ炭酸ソーダスプレーを使用すると良いでしょう。
さっとスプレーして洗い流すだけでも、たいていの汚れは落とせるはずです。
汚れが落ちにくい場合は、少し時間を置き、こすり洗いを追加してみてください。

浴室の壁や浴槽は、水垢汚れと皮脂汚れがダブルで蓄積しがちです。
こんなときは、重曹水とクエン酸水を混ぜて使用するのがおすすめです。

重曹とクエン酸水を混ぜ合わせると、シュワシュワと泡を立てて反応し始めます。
反応がおさまったあとに、スプレーボトルに入れて使いましょう。
汚れが気になる部分全体に吹き付けたら、時間を置いて洗い流します。

カビ汚れの対処法

浴室で、特に悩まされやすいのがカビ汚れです。
汚れが付着してすぐの時期であれば、「お風呂用洗剤+スポンジ」の組み合わせできれいに落とせるでしょう。

この方法で落とせなかった場合、残念ながらカビの根が深くなっていると予想されます。
カビ取り用の専用洗剤を用意しましょう。
カビ取り剤の効果を最大限高めるためのポイントは、以下のとおりです。

・全体が乾いた状態でしっかりと吹き付ける
・吹き付けたあとに、ラップを使ってパックする
・充分に時間を置く

使用部位に水気が残っていると、せっかくの洗剤の効果が弱まってしまいます。
しっかりと乾かした状態で使うようにしましょう。

カビ取り剤を塗布した場所にラップをするのは、汚れと洗剤を密着させるためです。
内部に空気が入らないよう、注意して作業してみてください。
カビの根にまで洗剤成分が浸透していれば、あとは水で洗い流すだけでOKです。

「カビ取り剤を使ってもきれいにできない」という場合で多いのは、「洗剤のパワーをきちんと発揮できていない」というケースです。
正しい手順を意識して、DIYメンテナンスを実践してみてください。
DIYなら、自分の好きなペースで作業を進めていけますから、「特に汚れが気になる場所から、少しずつ作業を進めていく」というのも、おすすめの方法です。

お掃除中に水回りのトラブルが気になったら?

DIYで浴室の清掃を進めていくと、「水栓から少しずつ水が漏れている」「排水口の流れが悪い」など、これまで気付かなかった不具合が目につく可能性も。
「掃除は自分でできても、修理は難しい」と思う方も大丈夫です。
ぜひおおさか水道職人にご連絡ください。

おおさか水道職人では、水回りのあらゆるトラブルに対応しています。
浴室での水漏れや蛇口の破損、詰まりトラブル等にも対応していますから、お気軽にご相談ください。

貝塚市や守口市、枚方市や茨木市、摂津市、泉佐野市、池田市、河内長野市にお住まいの方からも、日々多くのご相談をいただいています。
無理に修理をすすめることはありませんので、安心してご利用ください。

水漏れ・修理に関するお問い合わせはこちら
« »

関連コラム

台所
トイレ
お風呂
キッチン
洗面所
いますぐお電話 0120-492-315 年中無休 24時間受付 お見積り無料