お急ぎの方はこちら

水のコラム

マンションの水漏れ調査は誰が負担する?自己負担になった場合の対処法を解説


マンションに住んでいると、階下の水漏れが気になってくることがあるかもしれません。そのような場合、誰がどのような手順で調査するのでしょうか。この記事では、マンションにおける水漏れ調査方法と自己負担額について詳しく説明します。

マンションの水漏れ調査とは?

マンションに住んでいる場合、どこから水漏れしたか、どのくらい被害があるか確かめることがあります。業者は主に3つの方法で調査を行っていきます。

音聴調査
簡易的な音聴棒を用意して、各家庭にある水道管やメーター器に伝達する漏水音を聴き取り、水漏れがあるかどうかを判定する調査方法です。

削除法
水漏れの可能性が低い場所を調査して、水漏れ場所を絞り込んでいく調査方法です。量水器などの専用の機材を使って水漏れがないか確かめます。

確認調査
音聴調査と削除法で水漏れ調査をした後に、疑わしい部分をさらに確認する方法です。音聴棒やボーリングバーという道具を使用して細かい場所を特定します。

水漏れ調査を行うメリット

確実に水漏れしたわけではないのに、なぜ調査する必要があるのでしょうか。以下では水漏れ調査を行うメリットを取り上げます。

水漏れ原因と場所が分かる
マンションから水漏れしている場合、何が原因で水漏れしているか、どこから水漏れしているかは難しいでしょう。専門業者に依頼して調査してもらってください。はっきりした原因や水漏れ箇所を特定できます。

水漏れ被害を最小限に抑える
水漏れを放っておくと、徐々に広がっていき被害が拡大してきます。水漏れを発見した時には、すぐに修理を行って、被害を最小限に抑えましょう。

マンションで水漏れ調査を依頼する際の費用は誰が負担する?

マンションで水漏れ調査する場合、依頼費用は誰の負担になるのでしょうか。費用を負担する時に考えたい2つのポイントを紹介します。

専有部分・共有部分どちらの水漏れか
専有部分とは、コンクリートで区切られた居住者スペースを指します。専有部分は、マンション居住者の所有物とみなされるため、このスペースから水漏れした場合は居住者の負担になります。共有部分とは、マンションの住民すべてが共有するスペースのことです。

共有の通路や屋根、外壁などがあります。これらの共有部分から水漏れした時には、管理人やマンション管理組合が費用を負担することになるでしょう。

水漏れ原因が何か
水漏れ原因は、大きく分けると過失か経年劣化の2つに分類されます。バスルームの排水溝に髪の毛がつまった状態でバスルームの水が溢れてしまったり、蛇口の閉め忘れで水漏れが発生した場合、居住者側の過失が原因です。

そのため、水漏れ調査費用も、居住者が支払うことになります。一方、排水管の老朽化や蛇口の劣化など、経年劣化が原因で水漏れした場合は、管理会社やマンション管理組合が費用を負担します。

水漏れ調査が自己負担の場合、費用の負担を減らすには?

水漏れ調査の費用を抑えるためには、保険選びが重要です。水漏れに関わる保険についてチェックするようにしましょう。以下で、水漏れに関わる保険について紹介します。

火災保険
水漏れ箇所の修繕や家財の補償に適用される保険です。ただし、水漏れ調査に火災保険は使うことはできません。

個人賠償責任保険
水漏れの加害者になってしまった場合、個人賠償責任保険を使うことも可能です。この保険は、火災保険や自動車保険の特約として加入できます。自室での水漏れが原因で階下の住人に被害を与えてしまった場合に有効です。

トラブル時に示談を取り持つ役割を果たすこともあります。

水漏れ調査補償
上記では、水漏れした時に使える保険を紹介しました。しかし、水漏れの原因を確かめるためには、上記の保険を使用することはできません。

原因調査を行うときに有効なのは、水漏れ調査補償という火災保険の特約として付帯する補償制度です。これは、個別の保険ではありません。水漏れ原因調査を行った時に保険金がおりるようになっています。

水漏れの可能性がある時には、まず、マンションの管理会社が加入している火災保険に特約として付いているかを確かめてください。その後、管理会社や大家さんに相談して原因調査を行いましょう。

水漏れの調査を依頼する業者を選ぶポイント

ここからは、どんなポイントを押さえて業者を選べば良いか紹介します。

対応の早さ
水漏れが疑われる場合、できるだけ早く対応しなければ状況は悪化してしまいます。依頼者側としても安心できないでしょう。依頼してすぐに、現場に足を運んでくれる業者は、水漏れ原因がすぐに分かり、スピーディーに解決してくれます。

24時間365日対応可能な業者を選ぶと、朝早くや夜遅い時間帯でも関係なく対応してくれるでしょう。

技術力
対応が早くても、技術力がなかったとしたら意味がありません。業者のホームページにはこれまでの実績経験が提示されているはずです。

どのような工事を行ったか、どのような資格を保持しているスタッフが在籍しているかチェックしてください。一定の技術が保証される水道局指定工事店で、しっかり研修を行っている業者に依頼すると安心です。

口コミの良さ
インターネットで業者を調べる場合、口コミ検索を行ってください。水道業者を実際に利用した人の実体験や感想は役立つはずです。匿名ではなく、実名で公開されている情報を参考にしてください。また、知人や友人からの口コミも参考にできます。
丁寧な見積り
専門業者に依頼する上で、見積りがしっかりしていることは必須条件と言えるでしょう。調査費用の細かい内訳をしっかり提示してくれて、疑問点にも丁寧に答えてくれる業者を選ぶようにしてください。
アフターフォローがある
水漏れ調査と合わせて水漏れ修理を依頼する場合、アフターフォローがあることは重要です。アフターフォローがなければ、再度水漏れトラブルが起こったとき費用が発生してしまうでしょう。一方、アフターフォローがある業者は、期間内であれば水漏れトラブルが発生しても対応してもらえるはずです。

まとめ

マンションの水漏れ調査費用は、水漏れ原因やどこから水漏れが起こったかによって、誰が負担するのかが変わります。マンションの専有部分から水漏れしたことが分かった時には、マンションの居住者側の負担になるでしょう。

しかし、マンションの共有部分から水漏れした時には、管理人やマンション管理組合側が費用を負担します。水漏れ調査の費用が自己負担になる場合、保険や補償制度を利用してください。自分がどんな火災保険に入っているか見直すこともおすすめです。

水漏れ原因を理解したり、被害を最小限に抑えるために水漏れ調査は重要な役割を果たすこと間違いありません。調査依頼する時には、見積りが丁寧でアフターフォローが良い業者を選んでください。

水漏れ・修理に関するお問い合わせはこちら
« »

関連コラム

台所
トイレ
お風呂
キッチン
洗面所
いますぐお電話 0120-492-315 年中無休 24時間受付 お見積り無料