お急ぎの方はこちら

水のコラム

クラシアンでトイレ交換を検討するときに注意するポイントとは?

最近のトイレは節水機能に優れ、40%の節水効果が期待できるほどになりました。またあらゆる便利機能があるのも魅力的です。新しいトイレにすれば、リフォーム費用はかかりますがランニングコストを節約できます。

トイレの交換は故障だけではなく、新しい機能を取り入れたいとの理由もあると思います。トイレの交換を検討するときは便利機能だけではなく、これからの家族の年齢を見据えてバリアフリーも視野に入れましょう。

本記事では、トイレの交換を検討すべきタイミングとトイレ交換時に起きがちな失敗と成功のポイント、トイレの交換にかかる費用とクラシアンにトイレ交換をするメリット・デメリットを解説します。

トイレの交換を検討するべきタイミングとは

トイレの耐用年数は15年と言われています。便器は陶器製であれば100年は持つと言われていますが、タンクやパイプといった他の部分やパーツは劣化します。タンクは10年、パッキンや配管は20年で交換の時期と一般的に言われています。

最近のトイレは温水洗浄機が付いているものが多いですが、電気系統の寿命はおよそ10年です。使い方や使う頻度によっても変わってきますが、寿命が近くなると変わった症状が出てきてないか注意しましょう。

便器は耐久性が高いですが衝撃には弱く、思いがけないことでひび割れることもあります。地震だったり、誤って衝撃を与えてしまったりすると、便器はひび割れを起こし水漏れが発生することも。便器がひび割れるとトイレ内だけでなく、家全体の腐敗にも繋がりかねませんので、早急に対処しましょう。

トイレの故障で部品だけの交換を何度も繰り返すようであれば、トイレを交換してしまう方が手間も費用もかからないかもしれません。

水道料金の節約を考えると、10年前のトイレと現在のトイレは1回の流す量はかなり少ない水の量で済みます。古いトイレを使い続けるよりも新しいトイレに交換した方が節水に繋がる場合が多いです。

水回りのリフォームは一か所だけ工事をするよりも、同時にリフォームする方が費用を抑えられます。水回りの耐用年数はどの場所も10年から15年程と同じぐらいです。どこか一か所でリフォームが必要と考え始めたら、一度にまとめてリフォームを行った方が手間も省くことができて費用も抑えることができます。

業者によっては、2か所パック料金、3か所パック料金などとキッチンとトイレ、お風呂と洗面所などいくつかを組み合わせたパック料金を設定したものもあります。何か所かの業者から見積もりを取って、検討してみましょう。

長年使い続けているトイレは、詰まりが発生しやすくもなります。排水管の中のS字部分が詰まりやすくなるなど大掛かりな工事が必要なこともあります。配管が壊れると水漏れに繋がってしまうので、寿命を目安に点検を行うようにしましょう。

トイレ交換時に起きがちな失敗と成功のポイント

リフォームするときは、家族がこれから年齢を重ねていくことを見据えて考えましょう。

必要になったら取り付けるでは、その都度費用がかかってしまいます。扉の形状やトイレの広さ、手洗器の有無、手すりの設置などを検討すべき場所は多いです。今必要でなくても近い将来必要になります。

便器を交換する際はトイレの空間が狭くならないように、サイズをきちんと図って掃除のスペースも確保し、圧迫感を感じさせないかを確認するのが大切です。

手入れのしやすさも大切です。手入れがしやすい床材は、水に強いクッションフロアです。汚れも染みつきにくく、掃除がしやすいです。木の床材は水ぶきが基本的に厳禁なので、水気にさらされやすいトイレには不向きです。

トイレには、便座機能に合ったコンセントが必要になります。消費電力は暖房便座なら300W~500W、温水機能付き便座は1000W~1400Wです。新しく温水洗浄機付きにするのであれば、コンセント工事も行わなければいけません。

マンションなどの集合住宅であれば、リフォームは管理規約に沿った工事をしなければいけません。リフォーム内容が規約違反出ないかを確認するため、管理組合に相談する必要があるので注意しましょう。

トイレを交換する際にかかる費用の目安とは

トイレの交換を検討したときに気になるのが、費用面ですよね。トイレのリフォームは便器のみの場合10~15万円、便器と壁の場合は15~20万円、便器と壁、床の場合は20~50万円、トイレの新設(位置の変更、2階に新たに作る場合など)の場合は50万円以上かかります。

温水洗浄暖房便座のみの交換は33,000円(税込)~、便器・タンクと普通便座セットは74,800(税込)~です。トイレの交換の他、クッションフロアの張替えは、16,500円(税込)~で工事費込みになっています。壁紙の張替えは38,500円~で工事費込みです。

その他タオル掛けやトイレットペーパーホルダーを新しくするなど、予算に合わせた要望に応じて行います。

これは、取り付け工事費と既存の便座の処分費が含まれた価格です。ただし顧客の用意した商品を取り付ける場合には、別途処分費が発生します。

なお、トイレのリフォームは国や自治体の補助金制度が使えるケースもあります。介護保険では家族の中に介護認定を受けている人が同居している場合、認定の度合いによってリフォームの費用の補助金を申請できます。

バリアフリーリフォームや三世代同居対応リフォーム、省エネリフォームでは所得税や固定資産税の減税の対象になるものもあります。

トイレのリフォームの予算を設定し、機能の希望の優先順位決めて希望を叶えつつ予算に見合うリフォームを目指すことが大事です。

クラシアンにトイレ交換を依頼するメリット・デメリット

クラン試案にトイレ交換を依頼するメリットとデメリットを紹介します。メリットは次のような点が挙げられます。

・電話相談や見積もり、出張費が無料
・満足度99、5%、またリピートしたい顧客97,9%と安心と信頼の実績がある
・取り扱いブランドはTOTO、LIXIL、Panasonic、TOSHIBAと豊富
・24時間受付、365日全国対応で無理な売り込み一切なし
・見積もり、キャンセル無料
・トイレの交換だけではなく、壁紙・クロスの張替えも可能

クラシアンに依頼する流れとしては、電話で受付けした後に技術スタッフより折り返し電話で顧客の要望を聞き、対応します。その際には点検・見積もり、工事スケジュールを説明し、すぐに希望の商品の在庫の確認を行って工事のスケジュールを立てます。技術スタッフが事前説明をしたのち、安全に施工するので安心です。

クラシアンに依頼するデメリットは、修理店というイメージが強いためにリフォーム業者としての認識があまりないという点かもしれません。

まとめ

トイレに関わらずリフォームを考えたとき、既存のものより良い機能が備わったものにししたいですよね。最新のトイレは技術的進歩により、節水ができて水道代が節約でき、あらゆる便利機能も備わっています。

暖房機能が付いた温水洗浄機は、寒い冬なども快適に過ごせます。また、将来を見据えてトイレの広さや扉の形状、バリアフリーや手すりの設置なども含めて検討するのがおすすめです。

家族に介護者がいたら20万円を上限にリフォーム費用の補助金の申請ができます。バリアフリーリフォームなどに減税対応になるものもあります。工事業者に確認し、費用を抑えて快適なトイレのリフォームを実現しましょう。

水漏れ・修理に関するお問い合わせはこちら
« »

関連コラム

台所
トイレ
お風呂
キッチン
洗面所
いますぐお電話 0120-492-315 年中無休 24時間受付 お見積り無料